動画のメールマーケティングでの使い方と効果について

動画の活用方法として、あまり知られていないのが、メールマーケティングでの動画活用です。より動画マーケティングを効果的にするためにもメールマーケティングでの動画活用は非常に効果的です。

今回は、動画のメールマーケティングでの使い方と効果について紹介していきます。

メールマーケティングでの動画活用が増えている

動画マーケティングのチャネルとして、YoutubeやSNSに次いで、最近ではメールマーケティングでの活用が増えてきています。2013年に米国で600人の企業意思決定者を対象に行われた調査では、約60%の人が、メールマーケティングでの動画活用をしていると答えたデータがあります。

米国では、動画マーケティングの1活用方法として、メールでの活用が当たり前になってきていることが分かります。

メールマーケティングでの動画活用方法

メールでの動画活用の方法は、下記の3つとなります。

  1. メールに動画を添付する
  2. メールに動画へのリンクを貼り付ける
  3. メールに動画を埋め込む

1.2.に関しては、メール内の文章に「詳細は動画でチェック」のような文章を記載しておけば簡単に実施することが可能です。3.に関してもHTMLでのメール作成などであれば、動画を埋め込むことが簡易的に行えます。

メールマーケティングで動画を活用することのメリット・デメリット

Webサイトの埋め込みやSNSでの動画を活用した動画もユーザーの購買意欲を高めたり、クリック単価を抑えた上でのアプローチなどメリットはありますが、メールマーケティングで動画を活用するのにもメリットがあり、その反面でデメリットもあります。

【メリット】

  • メール開封時のインパクトがあるため、ユーザーの気を惹きやすい
  • 情報伝達力が高いため、複雑な情報を分かりやすく伝えることができる
  • テキストでは伝えられない内容を伝えられる

【デメリット】

  • 動画を作成するコストが発生する
  • 動画の埋め込みを行う場合は、HTMLメールを作成する手間とコストが発生する

BtpBでの動画メールマーケティングの利用方法

BtoBでのメールマーケティングで最近使われているのが、SalesForceやHubSpotなどのマーケティングオートメーションツールです。ユーザーのメールアドレスの取得からメールマーケティングのA/Bテストや開封率チェック、メールマーケティングのオートメーション化を一元管理することが出来ます。

このようなマーケティングオートメーションツールを利用することにより、メール毎に活用した動画クリエイティブのA/Bテストやテキストだけのメールと動画を活用した場合の反応率を比較し、最適化を行うことができます。

動画メールマーケティングの効果

では、メールマーケティングでの動画活用は、どのぐらい効果があるのでしょうか?海外の事例を参考に紹介します。

【HubSpot社】

マーケティングオートメーションツールを提供するHubSpot社は、テキストや画像などの従来のメールを変え、動画をメールに組み込んだところ、2.4%だったクリック率が、16.4%まで5.38倍にUPしたデータを発表しています。

まとめ

Webサイトへの埋め込み、SNS広告での動画広告、この2つにプラスして、メールマーケティングでの動画活用、オフラインでの動画活用など、動画マーケティングの可能性は、非常に大きくなってきています。

動画マーケティングは、やるかやらないかではなく、”どうやるか”を考える時代になってきています。

中小企業向けのWebコンサルティング会社で、SEO対策のアカウントセールスとして、500サイト以上のSEO対策・コンテンツSEOプロジェクトに携わる。キュレーションメディアCMSの新規事業立ち上げ、SEO対策部門の事業責任者を経て、株式会社トライハッチを創業。代表取締役として現任。