動画のSEO効果ってどうなの?動画×SEOの効果まとめ

はじめまして。Satoshiと申します。

ご縁あって本日よりMovie-Antennaで記事を書くことになりました福岡出身の25歳です。趣味はバスケとお酒です。本メディアでアクセスしてくれるユーザーのために、不定期ですが記事を書いていきますので、宜しくお願い致します。

早速、、、、

最近、動画コンテンツを目にすることが多くなったかと思います。動画コンテンツは、テキストや画像と比較して、ユーザーへの訴求力が高く、ユーザー自身の記憶にも残りやすいといわれています。

そんな動画コンテンツは、SEOにも効果的だと言われています。しかし、SEOはテキストが評価の対象になっているのに対して、動画はテキストを含んでいません。

果たして、実際に動画コンテンツのSEO効果はあるのか、解説していきます。

アメリカの調査会社が、動画のSEO効果について発表

2010年、アメリカ調査会社のForrester Researchは、「動画の埋め込まれたページは、動画が埋め込まれいないページと比較して、SEOへの影響度が53倍の確率で上位表示される確率が上がる」と発表しています。(参考URL:https://markezine.jp/article/detail/12344

しかし、これはあくまでも調査会社の判断であり、Googleの判断ではありません。では、実際にSEOの順位評価を行っている、Googleは動画のSEOに対する効果に対して、どのような見解を述べているのでしょうか。

動画はSEOに関係しない?

過去に、TwitterでSEO業者が「冒頭に動画を載せたページの方が、動画がないページより、高い検索順位に表示されますよ」といった内容を投稿しました。

このツイートに対して、Googleは次のように回答しています。

「ページに動画を載せたからといって、検索順位が上がるわけではありません。」

このツイートに対して、他のユーザーからは多くの反論ツイートがありましたが、その中でも、過去、Googleが動画のSEOに対する効果について、述べられている内容を引用してきたユーザーもいました。

Googleが過去に述べていた内容は以下です。

「多少の対策では、SEOであがりにくいキーワードもあるが、その際は、画像や動画を載せてみましょう。」

同じGoogleの見解を比較してみても、正反対の内容となっています。これでは、動画がSEOに効果があるのか、ないのか、判断できないかと思います。

そこで、私なりにGoogleの担当者が述べている内容を組みとってみました。

動画は一つのコンテンツとして考える

私は、動画はSEOに効果を与えるコンテンツの一つとして考えるのが良いのではないかと考えています。そもそも、GoogleがSEOで評価するサイトは、「ユーザーにとって有益な情報があるサイト」と述べているのは、皆さんは理解されているかと思います。

私は、上記を以下の図のように、言語化してSEO対策に取り組むようしにています。

動画は、上記の「1.コンテンツの質」にあたると考えております。

動画は、SEOの効果に直結するのではなく、SEOで評価の基準となるコンテンツの一つとして間接的な効果を与えうるものである、ということです。

ページ数や、コンテンツの量が多いだけでは、SEOに効果があるといえないのと同様に、動画をページに載せることで、それがユーザーにとって有益な情報となりえているのか、を観点に動画を載せるか、判断をするのが良いと思います。

まとめ

動画が直接的にSEOに効果があるのか、明確な回答は出ていませんが、ユーザーにとって有益となる情報となりえるのであれば、サイトへ動画載せる検討してみても良いのではないでしょうか。

冒頭で申し上げた通り、動画は集客のコンテンツとしても、注目を集めていますので、2次活用として、ページへ載せて、集客とSEOの両面に力を発揮できる動画を制作するのも良いかもしれません。

リスティング広告の営業マンとしてキャリアをスタートさせ、その後SEO対策やコンテンツマーケティング、動画マーケティングの営業に従事。
合計約2億円のWeb広告プロジェクトや30サイトのSEO対策、50社の動画マーケティングに携わり、その後movie-antenna.comにジョイン。
趣味はスマホゲーム。