知らないと損!ローカルビジネスで効果的なMEO対策について

様々な集客方法があるインターネットの世界で、SEO対策は知っているけど、MEOは聞いたことないという人も多くいます。地域ビジネスを展開している企業には、むしろSEO対策にコストを払うより、MEOにコストをかけた方がオススメです。

今回は、MEOの基本と活用方法を紹介していきます。

MEOとは?

MEOとは「Map Engine Optimization(検索地図最適化)の略称です。

上記図のように「地域×●●」で検索結果に表示され、Googleログインをしていない状態での検索では、リスティング広告やSEOよりも上位に表示されます。

ログインしている状態でもリスティング広告とSEOの間に表示され、特にスマートフォンではファーストビューに入ることが多いため、ローカルビジネスでは非常に効果的な施策となっています。

MEOページからは、Webサイトへの誘導や店舗までのルート、電話番号の表示によるお問い合わせの誘導を設置することが可能であり、ユーザーが検索した後の導線設計にも優れている施策となります。レビューの星評価もあるため、口コミをきにするユーザーにもいい情報が記載されていれば、MEOは効果的な施策となります。

ローカルビジネスにMEOが必要な理由

TOPに表示されるMEOの検索結果は3つまでとなります。MEO対策を行うのと行わないのでは、表示順位に影響を与え、集客に大きな機会損失を生んでしまう原因となります。

MEOが必要な理由①リスティング広告のクリック単価向上

ローカルビジネスで、リスティング広告を施策されている企業もいますが、ローカルビジネスであろうと昔に比べ、リスティング広告の単価は向上しており、費用対効果を合わせづらくなってきています。

リスティング広告は、入札制で競合性も高いため、ローカルビジネスでバッティングしてしまうと単価が高騰していく傾向があります。

MEOが必要な理由②ポータルサイトのリスク

飲食業界であれば、ぐるなびやRetty、ホットペッパーグルメ、美容系であれば、ホットペッパービューティー、不動産業界であれば、HOME’SやSUUMOなどのポータルサイトがあります。

これらの業界では、多くの企業の広告費用が、ポータルサイトに支払われている傾向にあります。しかし、本来はポータルサイトに頼ることなく、自社サイトで集客をできれば、ポータルサイトに手数料や登録料を支払う必要がなく、利益を出すことができます。

ユーザーの多くは、検索エンジンで「地域×●●」で上位に表示されているポータルサイトに移動する傾向にあります。その際にMEOでSEOよりも上位表示することができていれば、自社サイトにユーザーを誘導できる可能性が高くなります。

ポータルサイトは、仕様変更や単価の引き上げなどを行い、全てがポータルサイトに依存してしまいます。リスクヘッジとして、ポータル以外にもMEOというチャネルを用意しておく必要があります。

MEOが必要な理由③スマートフォンユーザーの増加

データ参考:博報堂「メディア接触時間推移(2017年)」

スマートフォンユーザーは、2010年から急激に増加しており、今やスマートフォンの所有率は78%を超えるデータとなっています。ホームページのレスポンシブ化も一般的となってきており、プライベート利用での店舗検索などの場合は、60%以上がモバイル端末からの検索になってきています。

スマートフォンユーザーに優先的に表示されるMEO対策に関しては、スマートフォンの所有率が増加している中では、必要不可欠な施策となってきています。

MEO対策の方法

ここからはMEO対策で上位表示を獲得する方法を紹介していきます。

1.ビジネス情報を詳細に記載する

ビジネス情報に記載されている店舗やビジネス名、住所や電話番号などを正確に細かく記載するようにしましょう。Google+との表記がズレているなどがあるのであれば、どちらかに統一するようにしましょう。

また、全ての項目を抜け漏れなく記載し、特に下記の内容は必ず記載するようにしてください。

・ビジネス名

店舗結果と検索結果で表示させたいキーワードを含めたビジネス名にしましょう。

例)渋谷のマッサージ|Movie-Antenna

・カテゴリ

カテゴリは、MEOでの順位結果に大きく影響していると言われています。事業内容に関係するカテゴリを選択するようにしましょう。

・紹介文

紹介文の部分には、店舗の魅力を伝える内容と検索結果で表示させたいキーワードを含むようにしましょう。

2.レビューを増やす

MEOにおいて、ユーザーのレビュー(口コミ)は、検索結果の順位に影響する大切な項目です。「Googleレビューを記載したら●●円お値引き!」などのキャンペーンをオフラインで行うなどし、レビューを増やすようにしましょう。

3.リンクを増やす

SEOでも被リンクというモノがありますが、MEOにおいても外部からのリンクは非常に重要です。ブログやSNSでお店の紹介がされていれば、その店舗は話題になっているので、上位に表示させようというロジックです。

こちらもオフラインで、「ブログやSNSで記載して●●プレゼント!」などのキャンペーンで増やすようにするといいでしょう。

まとめ

MEOは、ローカルビジネスでは欠かせない施策となってきています。Google Mapは、特にスマートフォンユーザーに利用されるケースが多くなっており、集客と導線設計、ユーザビリティ(利便性)の部分で、非常に重要です。

自分でMEO対策を行うこともできますが、手間になる場合などもありますので、プロに任せるといいでしょう。Movie-Antennaでは、MEO対策も得意としていますので、お気軽に相談して下さい。

 

中小企業向けのWebコンサルティング会社で、SEO対策のアカウントセールスとして、500サイト以上のSEO対策・コンテンツSEOプロジェクトに携わる。キュレーションメディアCMSの新規事業立ち上げ、SEO対策部門の事業責任者を経て、株式会社トライハッチを創業。代表取締役として現任。