SEO対策って必要なの?2018年に考えるべきSEOの在り方

Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSをはじめ、企業のWebマーケティング手法は多種多様化してきています。その中で、SEM(Search Engine Marketing)、SEO(Search Engine Optimization)を施策するかどうかは、企業によって意見が分かれるWebマーケティングとなってきています。

若い世代向けの商品を取り扱っているから、SEO対策はしないといった企業も増えてきていますが、本当にSEO対策をしなくても大丈夫なのでしょうか?今回は、「SEO対策って必要なの?2018年に考えるべきSEOの在り方」を紹介していきます。

SEO対策は必要なのか?

結論、SEO対策は行うべきです。

株式会社ウィルゲートが運営する「プロモニスタ」でアップされている「渋谷109ギャルとSEO対談!!「Googleは終わらない!いまどきの検索スタイルとは?」では、若年層でも最終的には検索エンジンで具体的な検索をし、商品購入に至っていることが、109ギャルへのインタビューによって判明しています。

あくまでSNSは、ユーザー自身が気付いていないニーズを発見する場であり、実際の商品購入・サービス申込などのコンバージョンに至るには、その商品・サービスが本当にいいモノなのか、他の会社と何が違うのかを検索エンジンで調べるということになります。

ターゲットが若い世代だから、検索エンジンの対策は古いからなどの理由でSEO対策をやらないのではなく、各チャネルの特性やユーザー心理を理解した上で、SEO対策をやるべきかそうではないかを見極めるようにしましょう。

2018年に考えるべきSEO対策とは?

2018年もSEO対策のメインとなるのは、「コンテンツ」です。医療情報のアップデートが行われたように、検索エンジンはコンテンツ品質のレベル向上にパワーを注いだのが2017年でした。2018年は、よりユーザーの為になるコンテンツが評価されるようになることが予想されます。

また、モバイルファーストインデックスの需要も高まってきています。スマートフォンユーザーの増加に伴い、スマートフォン対応していないWebサイトは、2018年は上位に生き残れなくなります。また、今後はただスマートフォンに対応しているだけではなく、スマートフォンのUI/UXなどのスマートフォン表示(レスポンシブ)の中身を重要視されることが予想されます。

Googleの理念でもある「ユーザーに焦点を絞ること」を意識し、信頼性・中身のあるコンテンツとユーザーのデバイスに対応してWebサイト作りを行うようにしましょう!

中小企業・ベンチャー企業向けのWebコンサルティング会社にて、SEO対策のアカウントセールスとしてキャリアをスタート。在籍時、コンテンツマーケティング事業の立ち上げプロジェクトにメンバーとして参画。その後、同社にて責任者兼マネージャーとしてキュレーションメディア・オウンドメディアのCMSを販売・運用する新規事業を立ち上げを行い、その後SEO対策営業部の営業責任者を歴任。在籍4年間で350サイト以上のSEO対策・コンテンツマーケティングプロジェクトに従事し、当時SEOのお客様であった不動産会社に出資を受けるカタチで株式会社トライハッチを25歳の時に設立。代表取締役として現任。ラグル株式会社にてSEOコンサルタントとしても活動中。